FC2ブログ
演出家 関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔)のブログ   HP: http://unclejj.web.fc2.com/
演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
リハリビ その(10) 月光を聞きながら
2007-08-16-Thu  CATEGORY: 未分類
Gyao で「月光の夏」を見てたら
おもわず 月光を聞きたくなり かけてみた
特攻隊の話だ

夕景からの雷の影響か 月もなく 雨がわずかに
あまりにもなじみの メロが心揺さぶる
ふと気がつくと 絵はがきに 月見草をと思い
生けておいた 月見草が 薄き色に咲き誇っている
朝の露の中 薄く黄色に 日差しを受け輝き わずかな命を
誇らしげに 恥ずかしげに 咲き誇っているが
昼の日差しの中には あわれ・・・
ものあわれ 様々な形で表現されるが この月見草も その一つだろう
待宵草が 宵待草に 本当の月見草とは違うが
いつの間にか 月見草が通称となった
今 ソナタを聞き入るように テーブルの上で咲いている
若き命を 国のためにと散らしていった特攻隊の話
まだ 自衛隊の音楽祭りの演出をしていた頃 「知覧」まで行ったことがある。記念館で遺書を見た時 云いようもない悲しみと悔しさで 涙
が出たことを思い出す
思うのだが あの遺書を 教材に使ったら・・・・
無理だろうな 平和を祈るのは全ての人だが 傷跡は伏せたがる

山あいに響く イカズチよ
囲む山を 崩すが如く 大地をふるわせ 唄え
天空を舞え イカズチ達よ
黒き大空の 主達の宴が如く 唄え 踊れ 高らかに

これじゃ あしたも 暑そうだ・・・

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/07 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。