FC2ブログ
演出家 関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔)のブログ   HP: http://unclejj.web.fc2.com/
演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今年もあとわずか 今日はクリスマス
2010-12-25-Sat  CATEGORY: 未分類
涙が止まらない
大きく手を振りながら 歩く指の先がジーンと
今年一番の寒気
でも 今年ってあと何日

日本って 不思議な国だ
お正月を迎える 様々なしきたりがあるのに・・・・忘れ去り
クリスマス クリスマスと大騒ぎ (若き頃 街中にジングルベルが鳴り響いていたほどではないが)
花屋には ポインセチが並び ケーキがあちらこちらに
家並みの中には 電飾を壁 木々に巻きつけている
近い例では ハロインから始まり この冬の終わりまで 様々な渡来のイベントが・・・

まだ生まれてない頃の映画で「HOLIDAY INN」と言う ビング・クロスビーの映画があった
あの「ホワイト・クリスマス」が始めて歌われた映画だ
失意の中「HOLIDAY INN」を作り大繁盛する
宗教と結びついた 祝日  HOLIDAY

つまらないことを頭に描きながらの散歩・・・・
今日はいつもより 距離を伸ばしてみた
殆どの落葉樹は 葉がなく 歩道にはかさかさに乾いた 落ち葉が風溜まりに
あぁ 冬だ この冬があってこそ 春がある
そう思うと 歩調が軽くなる 
全てに感謝 生に感謝



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ホワイトクリスマス
コメントBluePlum | URL | 2010-12-26-Sun 18:35 [EDIT]
ああ、「ホワイトクリスマス」。僕もなつかしい。少年のころ、くり返しくり返し
歌った記憶。たぶん英語聖書会なんかで脳にシミついたのかな?

ま、聖書に興味あったわじゃなかったけど、英語習得や異文化に対する
好奇心のための教会通い(アンクルJJなんてミッション出だから、もっとどっぷりバテレン文化に浸かっていた?)。

でも、クリスマスの催し物だけはスキップしていた。ナマイキき盛りの少年にとって、教会の降誕劇なんて、あまりにも安っぽくてアホらしすぎた(大事な役に選ばれたりしていたのに)。ほんと、あの年頃って!

教会で歌った賛美歌やクリスマスソング、そんな教会のあった故郷の寒冷な雪原といっしょに、今もときどき脳裏をよぎるけど、、、
トラックバック
TB*URL
<< 2019/07 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。