演出家 関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔)のブログ   HP: http://unclejj.web.fc2.com/
演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
久しぶりに長距離ドライブだ・・・・
2012-07-31-Tue  CATEGORY: 未分類
初めてのスタッフ会議
いつも 迎えに着てもらっているが
今日は ハンドルを握って・・・・

湖畔を 富士を右手にみながら 走る
峠の最後は 長いトンネルだ  走る
暗い 古いトンネルを抜けると 長いくだり坂 走る

窓を一杯開けてもこの街は暑い 走る
クーラーのスイッチ 何処のある わからない 走る
走る 走る

と言っても 50KMぐらいのスピードだが
嬉しいね 感謝だね 車で 行けるなんて

娘が使っていた古い パジェロ
古かろうが 新しかろうが 嬉しいね

走る 走る
風に乗って聞こえるは 古きジャズ
VOを上げ 走る 走る
ふーっ やっと帰ってきた
やはり  迎えに着てもらおう
疲れた 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
明日は休みだ・・・
2012-07-30-Mon  CATEGORY: 未分類
わずか3時間(6~9)のバイトだが
明日は休みと思うと 嬉しい・・・・・

こんな爺を使ってくれるなんて 感謝のきわみだ
時々 止めようか ・・・・・
身体が もし倒れたら迷惑が・・・・
そんな心配に 襲われる時もあるが 負けずに頑張る

特に暑いと 身体が良く動く 確かに疲れは感じるが 身体が動くのが嬉しい
今 夏休みで 観光地多くの人が訪れる
様々な 国の人たちも(わが語学のつたなさに がっくり)
ほんの数時間で 汗を少しかき 家に帰り コーヒーの旨さを知る

今日は 何にもせず ただボンヤリしていよう
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
きゅうりを沢山頂いて・・・・
2012-07-29-Sun  CATEGORY: 未分類
独り暮らしの 老人
きゅうりを沢山とキャベツをくださるなんて・・・・・


ホームセンターへ 浅漬けの容器を
ついでに シリコンスチーマーと

先日 鮭の切り身を分けていただき冷凍にしてあったのを思い出し

きゅうりと青葉を塩もみし 浅漬けの容器に
取り合えず 入る分だけ

やはり頂いた 野菜と鮭で 今晩の食事を作ってみるか

最近 富に面倒になり 夜は殆ど食べない
ただ 寝るだけだから と 強がりを言っているが
実は 面倒臭くさくて 創らないだけ
たまねぎのみじん切りとキムチを 納豆に混ぜそれだけ食べる

身体にとって良いのか悪いのか
良くわからないが
油物 塩分は出来るだけ少なめにし

終りよければ・・・・・
それを心がけるだけ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
書けない 何で????? どうして????
2012-07-27-Fri  CATEGORY: 未分類
ペンを持とうが キーボードに向かおうが
一片の言葉も浮かんでこない

昔 まだ若き頃
短歌で その日の思いを やり取りしていた頃
あの頃は感性が 豊かだったのか

書けない なんで どうして・・・・
一行の言葉 文章も浮かんでこない
情けなや オイラ どうしたんだ いったい・・・・・

好きな フランシス・ジャムの詩集を見てて 明日からこの俺も・・・・
思いだけ ただ思いだけ

ペンを持とうが キーボードに向かおうが
駄目だ 頭は廻っていない

ペンを持とうが キーボードに向かおうが
何一つ浮かんでこない
ただ ただ 焦るだけ




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
同じ人魚の話しなのに
2012-07-26-Thu  CATEGORY: 未分類
小川未明の「紅いろうそく・・・・」
アンデルセンの「人魚姫」
同じ人魚をテーマにしているが 終わりが全然違う
宗教観の違いか?????
東洋的もの見方 キリスト教の世界観
並列的物の見方 神を頂点とした世界観
馬鹿なことを 思いながら
汗を拭き拭き 本を読んでる
何で今頃 小川未明????
理屈はどうでもいいが たまたま本箱を探していたら
目に入った

なんかこんな見方で 童話を読むと 面白い・・・・・
と 言うより
アホに近いかな
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
久しぶりに暑い
2012-07-25-Wed  CATEGORY: 未分類
富士にわずかな雪が残るだけ
確かに夏だ そんな感じを与えてくれる 富士山
昔 ある女子大生に 「あの山なんですか?」 と聞かれた 「富士山だよ」と応えたら 「うそだ・・・だって雪が無い」そんな会話を思い出す
富士の姿 確かに写真には必ず雪が・・・・
実際の富士山の姿を 見た人はどれぐらい入るのだろう・・・・?
毎日 その姿を見てると 最初にまじかに見た感動が薄れて来ている

人って 慣れが怖い 言葉では解っているのだが 生活に流されていくうちに ついつい流されている
妙なとき 妙な反省に襲われた 早朝の出勤時間
朝のバイト いつまでオイラの身体 持つのかな
こんな爺を 使ってくれるなんて 感謝 感謝




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
早一年
2012-07-24-Tue  CATEGORY: 未分類
当に光陰矢のごとし
娘のところを飛び出し 一年経つ 冬の寒さには 耐えがたきこと多々あるが 身体が動く限りこの地に居ようと
新たに決心する
LOTTO6 でも当たったら 国外逃亡だが まずははかなき夢か・・・

今日は休み わずか3時間(6~9)のバイトでも 休みの日はホッとする
曇りだが 雨は降りそうに無い

片付けようと思う
いつもふと思う
2 3歩 歩くがすぐ椅子に
本 煙草 どちらか

片付けようとおもう
いつも思うだけ
ペンを持っても
言葉の一つも書けない
ただ 水槽に 楽しげに泳ぐメダカに 目を向けている

まだまだ 朝早い
今日何をすべきか 早く決めろ
マグカップの中身は
かなり ぬるくなっている

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
やっとPC生かした
2012-07-22-Sun  CATEGORY: 未分類
この山里に 再び戻り 早一年
時の流れは はやいものだ
せっかく山里に住んでいるのだから 新しき物は極端に排除しよう
野菜類は 自分で 出来るだけ歩く
かつて 入院して時の医者の言葉が 思い出される
江戸時代に戻ること
歩く 
一汁一菜
これが基本です

ただ このブログ 近況を心配する人たちから
なぜ書かないのだ・・・・ かなりの連絡がある
とは言っても とうとう負けてしまい 信念を変えた
ラジオだけの友達から PCも増やす
それにしても  文章が書けない
最初の一行が浮かばない オイラの脳細胞かなり退化しているのか
しばし キーボードに向かって 訓練 訓練
ノートに日記風に書いていたときもあるが 漢字が出てこない 書けない
辞書片手 これが面倒 結局止めてしまった
明日から きちんと訓練 訓練
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2012/07 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。