演出家 関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔)のブログ   HP: http://unclejj.web.fc2.com/
演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
朝の散歩で思う・・・・
2010-11-28-Sun  CATEGORY: 未分類
此処での早朝の散歩が楽しみだ
湖畔の道を歩くの素敵だが 生活の臭いがする町並み
歩道に舞い散る落ち葉を お年寄りが(私もそうだが)掃き清めてる姿
朝の挨拶を交わしながら 早朝出勤の人がとりすぎてゆく
まだ 早い時間なのか交通量も少なく 自転車の人が 白い息をはきながら追い越してゆく
古い家並み 挨拶の言葉・・・
藤村詩集 巻頭の言葉を思い出す 言葉は命・・・・

テレビのニュースは閉塞感にあえいでいる人々の姿を浮かびだす
政治家達のつまらない権力争いだけが・・・・・
具体的回答は 皆無
経済 景気  回復の望みは・・・

せめて この日常の姿を映し出せば・・・・
人は何を求めているのか・・・
どの姿が本当なのか・・・・

歳をとると つまらないところばかり見えてくる
虐待 これなど最悪だ でもこんなニュースばかりでなく
街行く人の 挨拶を交わしながら通り姿をみせたら
実は世の中 そんなに悪い事ばかりではない 心温まる姿が あちらこちらに溢れているんだと知らせたら

枕草子の中で 落ち葉は新しい命の誕生だと記されているところがある
まさに 冬きたりなば春・・・・・

この素晴しい四季の移ろいに 心を奪われてみよう
朝の散歩 湖畔の散歩と違い 生活の臭いに溢れている町並みの散歩

すっかり気に入っている 朝の散歩
新しい明日を作ろうと 決心させる朝の散歩
まだまだ 老いは早いぞ・・・・
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
言うは易し 行なうは難し・・・・
2010-11-25-Thu  CATEGORY: 未分類
ある新聞のコラム欄に 信用こそ最高の宝 と ある
この新聞 此処と一面下部にある編集者の言葉を いつも楽しみ読み 納得し わが行いの・・・・
と いつも思うが そのときだけ・・・・
信用を得る絆をもてる人付き合いをしたことがあるか 反省という言葉が 脳内 胸内をくるくる廻るが・・・
子供頃良く親父に怒られたことを思い出す・・・
「お前は鶏よりまだ始末が悪い 鶏は三歩歩くと忘れるが 思えは三歩も歩かないうちに忘れてる」
その言葉をたたきつけるように言われ殴られたもんだ

落日の人生 未だに迷いのなかだ
退院したての頃 左の麻痺に負け こんな醜い姿で生きるなら死んだほうが・・・・
死ぬことも出来ず このやろう このやろうと 自分をののしりながら
ひたすら歩いた・・・・・
おかげで 今では 自分から言わなければ 誰も気がつかないぐらいになったが

退院時 医者の言葉がまだ耳に残る
「助かったのが 不思議だ きっとなにか良いことをして返しなさいと
神様が助けてくださったんですね」

なにをしたら 何を言ったら・・・・
未だ答えが得られてない・・・・

そんな折の 言葉 「信用こそ最高の宝だ」
絆 おもやり そんな言葉が 世の中氾濫しているが
わが身を律しての 言葉として 誰もわめいてない
これ まさに 自分に言い聞かせる言葉 と思うが・・・・・
 あぁ 言うはやすし 行なうは難し
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
メス猫 黒 1歳 MAGEの話し 
2010-11-23-Tue  CATEGORY: 未分類
くるしーぃ 重い 寝返りを打つ・・・・
胸の苦しみ 重さが今度は腹に・・・・
今日は寝苦しい日だ・・・・
あまりのくすぐったさで 目を覚ますと・・・・
えっ まだ三時だぜ
マゲ姫
ぼやきながら 起き出し トイレに
どうも餌を要求してるらしい 他の二匹が居ると 絶対に餌皿に寄らないMAGE
誰も居ない今のうちにと・・・・
とりあえず餌をいれ 再びベッドに倒れこむ
くすぐったい・・・ 目を覚ますと もう6時過ぎている
MAGEはまっすぐオイラを見つめ 起きだすのを待っている
コーヒーをいれ いつもの新聞に目を通す・・・
ベッドに広げると その上に・・・見つめる
どうやら 遊べと催促してるようだ・・・・
猫ジャラシを手に持つと すっ飛んでくる

なんと綺麗なジャンプだろう まるでバレリーナの様に・・・
賛辞の言葉が 見つからない
真っ黒な衣装を着けた 華麗な舞
そのうちこちらが疲れ コーヒーを手に部屋へ
足元に体をこすりつけ さらに要求する

今では メス猫だけが・・・・
若き日 幾多の女性と暮らしたか・・・
今では 雌の猫だけ

マッ いいか それでも・・・

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
冷たい雨の中
2010-11-22-Mon  CATEGORY: 未分類
雨に重い落ち葉が 足に絡みつく
こんな日は 妙に人恋しくなり 遠く思い出が走馬灯のようにめくり流れる
こんな日は 妙に歳を感じ 覚悟の人生に迷いのしがらみがめくり流れる

今朝の新聞のとある欄の おもいやり についたコメントが心を支配している
ビニール傘を打つ雨の音に おもいやり・・・ おもいを遣る・・・の文字が踊る

こんな日は 妙に心を締め付ける

駅までの道 いつも日に何回と往復する道 今風な家が立ち並ぶ道
JR敷地の境の金網に 雨がしずくとなって・・・
通り過ぎる 電車の音に 思い出したように雨滴となって 地に落ちる

しとしと 重い雨
マフラーを厚く巻いて ややうつむき加減に 駅までの道を・・・・
遠く思い出が 走馬灯のようにめくる
口ではえらそうに 感謝 感謝 おもいやり 思い遣り えらそうに唱えていたが
鋭い刃物が 胸を抉るように 痛い 痛い 思い出が襲ってくる

こんな日は 妙に歳を感じ 覚悟の人生に迷いのしがらみがめくり流れる

やはり家に帰って コーヒーを入れよう・・・・
こんな日は 妙に心を締め付けるから・・・・・

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
漢字が書けない・・・・いい歳こいて・・・・
2010-11-20-Sat  CATEGORY: 未分類
広い道がまっすぐ駅から南に向かって伸びている
歩道が広く 歩くのがとても楽しみな道だ・・・・・
駅を出てのコンコースに3本の木が植えられている 年が経ているのか とても高い木だ
残念ながら気の名前はわからないが 落ち葉が舞い降りそれなりの風情を見せている
その木 どうやら鳥達の塒らしく 夜遅くまで鳴き騒ぐ声が生い茂る葉の中から聞こえていた
その木の下に喫煙所があり いつも数人がたむろし煙草を吸っている 
その姿を見ると 妙に安心し 禁煙のプレッシャーから開放され 近くの自販機へ
煙草の煙に目を細めながら 通りを眺める 落ち葉が軽くロンドを舞いながら 来る冬のシンホニーを聞かせてくれる 
ところどころにベンチがあり 老夫婦が肩を寄せ 踊る落ち葉を言葉も無く見つめている
その姿を見ると 前田鉄之助の「海辺の家」を思い出す・・・・
なんで 己がわがままで家庭を捨てたのか  反省と 後悔が重くのしかかる

・・・・ あとの祭り ・・・・・

落ち葉の掃除が大変なのか面倒なのか ふと気がつくと枝が打ち払われ わずかに緑い葉を残すのみ
この木を塒にしていた 鳥達は・・・・・
変な心配をしながら いつものドトールへ
何しろ漢字が書けない キーボードのおかげで すっかり忘却のかなたへ・・・
携帯を辞書代わりに 少しでも漢字が再び書けるようにとむなしい努力をしながら
眼鏡をはずし メモを取り出す (このブログがその結果)
昔 昔 原稿用紙に 万年筆で・・・・・
昔 ワープロ登場 小さな画面を見ながら・・・・
 (挿入 削除にどれだけ感動したか)
今 確かに便利になったが 漢字がすっかり書けなくなっている
しばし 続けなくては・・・・
カップに残る わずかなコーヒーを飲み干し立ち上がる
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
Bの話し
2010-11-18-Thu  CATEGORY: 未分類
雨に重い落ち葉の道を歩くのが好きだ
夜半からの雨が止み やっと散歩に出かける 初めての土地 初めての道 いろいろ発見がある
この地 歴史の足跡を街づくりの一環としてるだけあって いろいろ楽しめる史跡が数々ある

実は Bのツブ いつもは4時半ごろご飯ご飯と起こすが(贔屓目か鳴き声がゴハーンゴハーンと聞こえる)
今朝は別の部屋で寝ていたと見え 気がついたら6時・・・
ベッドから ノソーッと起き出し トイレの帰りコーヒーをいれ 着替え・・・・
ベッドを綺麗に直し コーヒーを・・・・テレビをつけても催促の声がしない
今日はへんなのと思いながら 猫のトイレ 餌皿を 綺麗に・・・・
まだ出てこない へんなの・・
このツブ いつも人の顔をじっといつまで見つめ 遊べと催促する
猫ジャラシを持つと 目をまん丸にしてじゃれ付いてくる 猫が嫌いで今まで 猫の習性に気をかけたことが無かったが 昼間は私のベッドの上がお休みどころ 夜は足元に長々と寝そべっている 重さに目を覚まし 足の位置を変えると 今度は変えたところに乗ってくる
そして4時半ごろになると あの声で 耳元で 起きるまで泣き続ける
年齢のせいか 一度起きると 今度はなかなか寝付かれない
いつもはままよと 起き出す・・・・・
まさに 早寝早起きの見本・・・・夜は9時を過ぎるともう起きていられなくなる
本当は見たい番組があるのに・・・・早起きツブのおかげで 早寝・・・・
テレビの話を次の機会に書きたいが 今まで約10数年 テレビの無い生活をしていたので
面白く面白く とくにCM 長くなるのでこの次・・・

さて朝 30分位の散歩を終え帰ってくると なんと玄関に・・・・マゲと一緒に
まんまるお目で ゴハーン アソンデーーーーー
 
・・・・・・続く・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
我が家の猫どの紹介 その一
2010-11-16-Tue  CATEGORY: 未分類
3匹の猫が居ます
私は 猫の遊び相手 というより遊んでもらっています
A  ブルーグレー(ロシアンブルー) オス    名前 ソラ 通称 ビワタロウ 
B  雉猫 事故で片足を無くすところを引き取られ 今では素敵な一員  オス   名前 ツブ
C  ミックス 黒 長毛  メス   名前 マゲ (とても神経質なお嬢さん)

さて今日は A ソラの話しをします
まだ 幼く去勢前・・・・・・
彼の仕事は 餌の音がしたら 全てを投げ捨てて一目散に飛びつく
3ッのお皿 全てに顔を突っ込み 貪り食いつくす その間他の2匹はあきれたように 引いてみている
聞くところによると 猫は汚さず綺麗に食べると・・・・・・
でもこのソラ君 夢中になって口中にほうばるので 口の中からこぼれたカスが 辺りに跳び散らかる
すべての皿を 食べつくしてから顔を拭き拭き 水を飲みに(餌の量 要注意)
おなかが一杯になり落ち苦かなと思ったら 今度は何の悪戯をしようかと目をらんらんと・・・・・
歩く足元には絡みつき テーブルの上には肉球の後をつけまくり チョッと目をはなすとメスのマゲを追い回す
(この辺はオイラの若い頃そっくりだが・・・)
みんなにヘンタイとののしられながら追い回すこと 追い回すこと 飽くこと知りません
(あの執念 見習いたいです)
食う
悪戯 
悪戯
後は寝る でもこの寝てるときがめちゃくちゃに可愛い
この寝姿で全ての悪戯を 許されてしまう なんて得な奴なんだろう
・・・・・・・続きは また・・・・・・

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
先日 河口湖へ帰ったときの話
2010-11-15-Mon  CATEGORY: 未分類
ウワーッ 寒い!!!
慌ててズボン下を引っ張り出し ストーブ ストーブ
アッ そうだ ファンヒーターは東京に持っていってしまったんだ・・・
そうだ 古いけど大きなファンヒーターがあったはず 確か物置だっ・・・

昔 この地に始めてきたとき あまりの寒さに大きなファンヒーターを求めたが 何しろ燃費が悪すぎる
すぐに買い替え 物置の奥にしまいっぱなしにしてあった

着古したフリースのジャンバーを羽織 倉庫へ
やっとの思い出引っ張り出し ホコリを払い 綺麗に拭き・・・
アッ 灯油を買わなくては とりあえず10リッター位買いに行こう と 家を飛び出す
そうだ ついでにお昼ご飯 久しぶりだ ダンクへ行こう
ここの煮カツ定食 カツカレーが最高 めったに味わえない品だ・・・・

初老のママが独りで切り盛りしている 小さな喫茶店 (夜はスナックになるが)
あの頃 良く愚痴をこぼしに行くところ ただ黙ってきってくれるところが良い
時々ニコッと笑いながら 応えてくれる
妙な色気も無く とても好きなところだ 一番下の娘はここのココアが大好き
元気だった・・・・ 互いに声をかけながら 煮カツ定食を頼む・・・・
お客は これまた 久しぶりだが 時々ここで会うといろいろアドバイスをしてくれる素敵なおば様
なんだかと話が弾み 長居をしてしまい 慌ててガソリンスタンドへ
帰り道 スーパーにより夕食用にとお弁当を買う
そう云えば 今日は暖かいって言ってたな・・・ でもこんなに寒いのに
灯油は良し ストーブを点けるぞ・・・・
アッ ポンプが無い・・・灯油を入れるポンプも東京へ・・・・
またすたこら 近くのホームセンターへ
近くといっても此処 車で20分はかかる・・・一番安いポンプを買い
点火し やっと一息 なんともう19:00近い
TV PC も無い 行儀悪いが本を読みながら 夕食用のお弁当を・・・・
何年ぶりか これまた仕舞い込んであったウイスキーの栓をあけ・・・・

駄目だ たったコップに少しの酒で眠くなる・・・・
荷物の整理 車につむのは明日・・・・・・












ページトップへ  トラックバック0 コメント0
猫が嫌いだ た はずなのに????
2010-11-03-Wed  CATEGORY: 未分類
あっ 猫が・・・・・
キーボードに飛び乗り やっと書き出したのに・・・・

霜月になり 久々にブログでもと思いキーボードに向かう
アドレス パスワードを打ち込み 書き出したところ・・・
猫殿が キーボードの上に飛び乗り わが顔をしげしげと見つめる
所詮 つたない文章とあざ笑うように ニャーと泣きながら見つめている・・・

どちらかと言うと 犬派・・・だったのに
いつの間にか 甘える猫にならされ 今ではわがルーム 猫部屋が如し
三匹の猫 昼間はわがベッドの上がお休み場所
時々 場所の取り合いで喧嘩になるが たいがいは体を丸めスヤスヤ
夜は・・・のちに語ろう・・・・やはり夜行性なのだ
朝5時ごろになると 餌を起こす
ベッドに飛び乗り 顔のすぐそばで ミャー ミャー ニャー
餌をやり 再び眠りつこうとすると今度は遊べと起こしにくる
おかげで早起き(もともと早起きだが・・・)
どうも 猫に遊んでもらってるようだ

慣れとは不思議なもの 今ではすっかり猫とお友達
中でも オスの雉猫 ツブドンとは・・・・・
猫ジャラシを口に咥え 運んで 足元に置き じっと見つめる
いつの間にか こちらもそのペースに飲まれ一緒に遊んでる
どうも 遊んでもらってるようだ・・・・
しばし 猫日記でもつけよう これから・・・

ページトップへ  トラックバック0 コメント5
<< 2010/11 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


余白 Copyright © 2005 演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。