演出家 関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔)のブログ   HP: http://unclejj.web.fc2.com/
演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
曇りの空 肌寒く感じながら
2010-06-18-Fri  CATEGORY: 未分類
梅雨だから しょうがないのか・・・・・・
昨日 あれだけ暑く晴れていたのに・・・・
昨日 雲の幕を突き破り 陽の光が地上に届いていた
朝 太陽に向かっての出勤 これが気持ちよい

でも今日は 曇り 肌寒い 四季の国 梅雨があるから・・・・・
昔 ある外国人に梅雨をこぼしたら でもお米の為には必要なんでは・・・
変なこと思い出す
でも ここ数年 この季節の変化がおかしい(オイラだけが感じているのかな)
草刈器の燃料を買い雑草を刈っていて 手を休め 囲む緑を見上げると 微妙に色合いが違う
山あいを渡り歩く鳥の声も微妙に違ってきている
温暖化?????
そんな面倒な話しは オイラには苦手だが・・・・・

入院していたときドクターが言った言葉を思い出す
「江戸時代に帰ることです これが健康の元 自然を守ること 歩く 歩く・・・・」
思い出し 妙に納得する
同じ家の中で 同じ家族で 携帯のメールで・・・・
「ご飯だよ・・・・」「今いらない 後で・・・・」
対面しての会話が なくなってきたのか コミュニケーションのとり方が変わってきたのか
肌寒さを感じながら飲むコーヒー
妙に心も 肌寒くなってきた・・・・
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
今日は休み 晴れ!!
2010-06-15-Tue  CATEGORY: 未分類
ハレルヤ・・・・・
昨日入梅宣言の話を聞いたが 今日は晴れ お天道様 わが願いを聞き届けてくれた ありがたきこと感謝!!
実は非常に身勝手な願い・・・・・
洗濯 布団干しをしたかったからだ
洗濯物がたまると どうも我慢が出来なくなる 替えが無いわけではないが・・・・・
妙な性癖だ 籠が一杯になりつつある 目が行ったら最後 もう洗濯機にいれ まわしだす
手で洗うわけではない ほって置けば後は干すだけ 非常にズボラな洗濯だが・・・
たまるのが嫌だ しかも白いシャツはハイターにつけそれから洗う
変な癖・・・・・
早起きおじさん 日の出るのを確認するとすぐ洗濯機のスイッチ オン
夏布団を干し ベランダは満艦飾
オー ハレルヤ????
もちろんBGは「ハレルヤ」といってもメサイヤでは無い
大好きな ALEXANDRA BURKEの「HALLELUJHA」 繰り返し くりかえし クリカエシ

昨日いただいた バラの植木に水をやり 同じいただいたブドーパンを食べながら コーヒー
陽の光って・・・・心をワクワクさせる
年齢のせい・・・・
地域のせい・・・・
理屈はどうでもいいが 朝早くから頑張るおじいさん
頑張れ!! 背筋を伸ばせ!!
BG を変えよう 元気が更に出るように・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
「LA FOULE」 を聞きながら・・・・
2010-06-14-Mon  CATEGORY: 未分類
雨の中帰る・・・・ 
かなりの中古車だが 音だけはと それなりのカーステレオをつけてくれた友に感謝
ピアフが歌っている LA FOULE・・・・
加藤登紀子さんが歌っている 「雑踏」を聞いて大好きになった
もっとも彼女のは4/4だが
どうも梅雨入りしたらしい ここはこの時期とてつもなく寒くなるときがあり
まだ ストーブを仕舞ってない
明日は休み 床屋に行き その足でいつもコーヒーハウス
お昼ご飯を食べ コーヒーを飲んで おしゃべりして 帰りにホームセンターにより
コッピーの藻を買う もう五年近く?生きているが たまに水槽の掃除をしてやるぐらいで
餌をやることさえ忘れていることが多い
アオコが水槽にこびりつくのが嫌で(掃除が面倒)日の当たらないところに置いていたら
水草がすっかり駄目になり 水草を買いに行ったのだ
太陽の光 何気なく感じているが・・・・・
もし この世に陽の光が途絶えたら・・・・
きっと 今までの水草のように 茶色く粉々になり
循環器の吸い込み口に巻きついているように 命は死に絶えるのだろう
子供頃 いたずらをして怒られると ばあさんが口癖のように「お天道様が見ている」
「お天道様に誤りなさい」
あの頃  何処にも神様が居た 便所にも台所にも玄関にも
決められた約束事を守らないと 必ず○○の神様に・・・・ お天道様に・・・・
今そんなこと言う家庭ってあるかな・・・・
水槽を洗いながら思う
お天道様 お日様 様々な言い方で陽の光に感謝していた そんな時代が・・・・おいらの子供時代
是非論は別だが 関東甲信地区も入梅の報を聞きながら ふと考えてしまう
毎朝 東に向かって出勤するので 威光勢力が増しますようにと祈りながら出かける俺って アホかな・・・
そのくせ「LA FOULE」を聞いていると 人ごみの世界に戻りたいと切なく思う
さめだなオイラって 何処に居ても確たる信念を持っていれば 迷いもしないのだろうが
更にボリュームを上げ このとりとめも無いブログをかく
明日はもっと 前向きな話を書こう

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
結局 何もしない休みの過ごし方
2010-06-11-Fri  CATEGORY: 未分類
昨夜は 明日は休み・・・・
あれを これを・・・と いろいろ計画を立てて 床に就く
体内時計は いつも同じ時刻に・・・・・
せめて休みだから 寝坊させてよと わが身に言うが 体はもう起きている
それでも カーテンを開ければ外は明るく 室内の電気はいらない
コーヒーをいれ CDをかけ パイプに・・・
鶯の声が山あいから響き 応えるように名も知らぬ鳥達の声が聞こえる
さぁ まずは掃除 大体綺麗好き いつも綺麗にしているが
今日はトイレを中心に・・・と 昨夜の誓いを思い出す・・・が
ふと図書館で借りた本(古代ユダヤは日本に封印された)に目が行く 
これがいけない ついつい夢中になり・・・・
朝ごはんは 面倒だ・・・・
いい加減に本を置いて
顔を洗い歯を磨き PCの電源を これがいけない・・・・
また 夢中になり 気がつきゃお昼はとっくに過ぎている
慌てて出かける支度をして 毎週休みのとき必ずいく喫茶店
初老のママが やっている店だが そこのカツカレーが最高!!
この地で 唯一本心を語れる店だ
ついつい話しに夢中になり
部屋に緑が無いので 予定の観葉植物を帰りに・・・・
結局これも忘れ 今帰り・・・
なんと怠惰な 一日だ
明日がある 明日がある 歌の文句では無いが・・・・・
それにしてもだらしない あっ夕ご飯の用意をしなくては・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
わが村の常識・・・
2010-06-10-Thu  CATEGORY: 未分類
1) 挨拶はしない
 朝のコンビニ「おはようございます」・・・・
大概笑顔で返すのは よそからの人 地元の方は余程顔なじみにならないと 笑顔も返さない
2) お金は投げて渡す
 はじめはなんて失礼なと思ったが 同じスタッフの言葉が納得させてくれた
「この辺ではあたりまえよ 自分が上位に居るときは とことん相手を見下ろす 客と売り子の関係よ」
「お客様は神様 ハイハイ」
今は 平気にニコニコと受け取る
3) (2)に順ずるが 老いも若きも 男も女も会話が命令口調

数え上げればきりが無い  次 交通ルール (特に女性)
1) 一旦停車は 車の半分以上出てから止まる
2) 携帯電話 咥えタバコは常識
  過去の例だが 一旦停止しているわたしの車に ぶつかってきたおば様・・・・
細い道からいきなり飛び出し 凄い勢いで噛み付いてくる (タバコぐらい消したら・・・・)
警察を呼ぶが おまわりさんはその方の親戚 「まぁ まぁ そこは示談で・・・」
当時 大きな4駆に乗っていて ブッシュガードにぶつかった相手の車はかなりのダメージ
当方 フォグランプ破損とガードのパイプが多少曲がる
電話をしながら 走って来たのが見えていったから 止まっていたのに
  この村では 細い道が優先 地元が優先
今でも このような後景は しばしば
3) 譲らない
4) 方向指示器は出さない 出しても直前
5) 右折 左折が優先 直進車は・・・・
良く大きな事故が起こらないものだ・・・・・
何故このようなことを書いたか 今日バイトからの帰り道 あわや大事故になりそうだった
相手は こちらをにらみつけて走ってゆく いつも怖いので走っても40Kどまり
このおば様 アメリカ帰りか? 反対車線を電話をしながら堂々と・・・・

と言っても 慣れれば素晴しい村 緑 最高 鳥の声 最高
よきところ数え上げれば それこそきりが無い

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
あっ バスが来た電話切るね
2010-06-09-Wed  CATEGORY: 未分類
交通手段が マイカーしかないこの山郷にいると
電話の内容よりも その言葉に感動する
電車が来たから バスが来たから・・・・
始めてきた頃 ここの私鉄のあまりの高さに驚き 片道で良いのですけど・・・
駅員はすました顔で えぇ片道ですよ・・・・
夜 東京から電車で帰ったとき 乗換駅からわが町まで帰ったとき
真っ暗な闇を トコトコ走る電車 乗客は居ない・・・・
あの侘しさ 駅についてタクシーに乗り 我が家まで
これまた あまりの高さにビックリ
 
思えば 当たり前だ 人口密度が極端に違い
また 公的機関の乗り物を利用する人も殆どおらず
なんたって 学校までマイカーで送迎
一家に一台 いや独りに一台 これが常識のわが里

ここのところ毎日かかってくる 娘からの電話
どこか もうそろそろと心待ちにしている自分がおかしいが
パパ バスがきたから また後で・・・・
懐かしい響きだ 
バス 電車が通勤 通学の常識の世界に居たのだと思うと
なんか 妙に懐かしさがこみ上げてきた

退院後 スーパーに買い物に行くため 一時間に一本のバスを利用する
左のマヒで 車に乗れず・・・・・
買い物より バス代の方が高い????
そんな 妙なことがまかり通る この山郷
でも住めば都 いいところを 自慢できるところを
いつも探しながら 車に乗る
昨夜きいたお話しの中にもあったが 「負」から考えず 明るく「勝」から考えよう
物の見方 考え方が すっかり変わってくる
娘の電話の答えながら このことを伝える
あっ 誰か来た ここまででおしまい・・・・


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
郭公の鳴き声が教えてくれた
2010-06-06-Sun  CATEGORY: 未分類
郭公の鳴き声が 甲高く 近くの山々にこだましている
いつの間にか そんな季節になってきたんだ
そういえば 燕が飛んでいるのを最近になって気がついた
おととい 久しぶりに夜 人と会うのに出かけたとき 蛙の合唱にビックリした
時はめぐり 季節は巡る
木々の緑も わずかな種類となり 来る夏に備えている
備えが出来てないのは このアホナおっさん
草刈器の燃料を買いに出かけて どうも栓がきっちとし締ってなかったと思う
気がついたら 車の後部はオイルだらけ くさいくさい
スタンドのおじさんのことを 怒ってみたって仕方が無い 確認しない自分が悪い
ここで気がつく
今まで うまくいかないとすぐ他人のせいにして 自己弁護に明け暮れた
原因 結果 因果応報 ・・・・・
結果は全て自らが引き寄せる・・・・
郭公の声に耳を傾けながら しばしの反省・・・・・

わが娘 ビキニワックスの店を 池袋にオープンしたらしい
頑張れ!! くそ親父だが 山間の村から成功を願っている
美容師だった 亡き母の血を受け継いでいるのか・・・・・
頑張れ!! お前のお袋から 泣き言を聞いたことが無い
どんなときにも 笑って済ませていた・・・・
頑張れ!! これからが思えの本当の人生だ・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
徒然のわがブログ
2010-06-04-Fri  CATEGORY: 未分類
読み人おらず ただ徒然なるままに記していたが
拍手のところに 最近いつも数字が・・・・
と言うことは 誰か 見ている人がいるのか・・・少し緊張する
年齢の割りに へたくそな文章
特に 朝 バイトに出かけるときの自然の美しさ厳しさを 文字にしようとするが
うまく表すことが出来ない・・・
なんと 情けないこと

バイト先のユニホームが 夏の衣装に変わった
6月 当然衣替だが ここ朝は寒い 長袖のシャツの上に半袖のユニホーム
オイラの美学に反するが 寒さには勝てない
8時過ぎてやっと 暖かさを感じるようになってくる
冷房が嫌いで 都内にいたときもクーラーをかけたたことが無い
せいぜい除湿 来客があるときはクーラーをつけるが そのときは薄手のカーディガンを羽織っていた
脚のすねが冷たくなる そこの薄い靴だと足の裏が冷たくなる
夏のコンビにはある面ではオイラにとって 地獄かも・・・・

携帯に 妙なメールがひっきりなしに入ってくるので
それをとめてもらおうと  au ショップに行く
かなり古く 電池もすぐなくなるので ついでに電池も買おうと思い・・・
電池を買い換えるぐらいなら 新しくしたらどうですか
ポイントもかなりたまってます 是非お使いください
まったくの無料で交換できますよ
無料 その言葉に弱いオイラ お願いします・・・・
良くわからないまま 店員の言うまま 薦められるまま携帯を替える
「話す」「メール」たまに「写真」
それ以外の使い道を知らず マニュアルを見ると嫌になるほど使い方が書いてある
大体 マニュアルなんか見ないオイラ
この三つさえ出来ればいいと思っているが
よくお客様が携帯で買い物をする
若ぶってやってみようと思ったが お財布携帯の機能があるが使い方が解らない
はじめにどうしたらいいのか????
面倒だからそのまま 誰か教えてください
少し若ぶれるかも・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今日は休み 昨日のことだが
2010-06-03-Thu  CATEGORY: 未分類
金色の紗幕がおりている中を かいくぐるように金色にかすむ太陽に向かって出勤してゆく
朝夕の温度差が激しいこの地 朝日を湖面に浴び大量の靄を発生させる
まるでSFの世界の中 自然が創る美に心震わせながらの出勤だ
こんな世界にわが身を置く事が出来るなんて 自然をつかさどる守護の善神に感謝

明日は休みと思い 休み間には必ず行くコーヒーハウスに
そこのお昼ご飯 いろいろあるが特に「カツカレー」「野菜炒め」が美味しい(あくまで個人的意見)
そこのママは 色気と言う言葉から忘れられたかのような素敵な人
美人で 太っ腹で 一切無駄口を聞いたことが無い
いつもニコニコと話を聞いてくれる
心からなじむ事が出来ないこの地で 唯一本心を吐露できるところだ

そこへ向かう途中 娘からテレ・・・孫のことだが・・・・
最近の学校 家庭では
「個」「我」の違いが どうも混同されているようだ
「個」を大事に これが通らないらしい
みんな一緒 飛びぬけても駄目 下がっても駄目
「個」を主張すると 仲間はずれになり 教員もみんなと一緒を押し付ける
是非は 判断できないが
「個」を大事にしろと育ててきたオイラ そしてその娘 そしてその孫
親父にいつも言われていたことを思い出す
自分の色を作れ 自分色を確立させろ・・・・

おいらの育った環境 子供らを育てた環境(えらそうなことは言えないが)
どうも間違っていたのなか・・・・・
でも 自分をまげて 染まってはいけない 溶けてはいけない
そんな 環境で育つ 
いいじゃないか 勝手な自己主張はするけど またそれを認めるけど
いつか 本質の自己主張が出来る子に成るようになれ
負けるな!!
確かに世の流れには はみ出しているかもしれないが
そんな ファミリーもあってもいいじゃないか
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
給料を貰いに行った
2010-06-01-Tue  CATEGORY: 未分類
振込みではなく 直接オーナーが手渡しする
これがうれしい 短い会話を交わしながら 手渡される給料
多寡にかかわらず ご苦労様 ありがとうございます この言葉のやり取りで
一月の思いが消えてゆく
思えば昔 お袋が真っ白なエプロンで 普段 紅などさしたことが無いのに この日はきれいにし
親父の帰りを待っていた
おいら達は 親父がちゃぶ台につき 箸を取るまでお預け
給料袋を神棚に上げ なにやら拝み 食事となった
いただきまーす!!
大きな声をあげ 箸を取ったことを思い出す

確かに振込みは便利だ・・・
思うに 親父の地位が下がったのは 給料が振り込みなってからだ
常に財布を握っているのは 母親
親父は わずかなお小遣いで 仕事に出かける
この給料手渡し 今 思えば素晴しい事だったなぁ

給料渡す人 貰う人 そして待つ人
こんな所からも 大きな絆が出来る 人生の喜怒哀楽が生まれる
良い悪いは 別にして
便利って 人のぬくもりを育てるのかな・・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2010/06 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


余白 Copyright © 2005 演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。