演出家 関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔)のブログ   HP: http://unclejj.web.fc2.com/
演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
はやきもの ときのながれは
2009-08-31-Mon  CATEGORY: 未分類
はや 八月も末の日
はやいものだ あっという間に時は流れすぎてゆく
われ 日々衰え 白き髪を鏡に映しただ憂い 明日をも考えず
これまた 流される

室内温度 19度
どこと無く寒々とした雨音が 心の芯まで寒くする
何かせねば 何をすれば 日々繰り返し思うが答えなく
吾が脳の働きの 衰退にただ驚くのみ

せめて 詩の一遍でも
せめて 句の一遍でもと思うが
それさえ浮かばず

わずか数年前まで マグカップの中に必ず浮かんだ
五 七 五 七 七 の短い言葉さえ浮かばず
ただ 茫漠と外の景色を眺めている

時の逃れに追いつかぬ このわが身を恥じても
なすすべは無いが・・・・・
こうやって ブログを書くこのときだけ 頭を使うようだ
嗚呼 むべなきか 時の流れよ
はや周りには 秋の気配が 音も無く忍び寄っているのに
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
緑と黄色のコントラストの中で
2009-08-30-Sun  CATEGORY: 未分類
昨日のこと・・・・・
吾が村で防災訓練があった 東海沖地震を想定しての避難訓練だ
8時10分 けたたましいサイレンの音と共に 湖畔の退避場に集合
強い日差しの中 消防所員の説明を聞く・・・・
村の消防団員は汗を滴らせながら そのアシストに廻る ご苦労さんです!!!
この村(今では町)の生活安全は彼らの手にある
ふと気がつくと  あまりの日差しの強さに参加者はわずかな日陰を求め
木のした 看板のしたに集まっている
彼らは 消火訓練の為 火をつけ 担架を作り 三角巾の使い方を日差しのなかで・・・
大変だ ご苦労さんです
わずかな日陰の中から 目を上げると
松の鮮やかな緑の中に 黄色い花が目に飛び込んできた
石垣の上 すがりつくように生えている松の下に 根を守るように黄色い菊のような
コスモスのような花が目に飛び込んでくる
あの花の名前は??? 近くの方に聞いてみても皆首を振るだけ・・・・・

抜けるような空の青 鮮やか松の緑 目に焼きつく名も知らぬ黄色い花
あっ また始まった 早く帰らねば
おなかが ぐずぐずしだした
まだ直ってないのだ 今日も一日絶食だ


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
朝から不謹慎な話しだが・・・
2009-08-29-Sat  CATEGORY: 未分類
やっと 収まりだしてきた
昨日は何も食べず じっと我慢をしていたが
朝夕 薬を飲まなくてはいけないので 何もつけないトーストを一枚
それでも すぐに飛んでゆく トイレへ・・・・
こんなこと今まで無かった 初めての経験
この年での 初経験は ふと明日を考えてしまう
熱があるわけでは無し おなかが痛いわけでは無し ただ下痢が続く
少し口にすれば またすぐトイレ
体内にたまる 不純な物を水と一緒に押し流すのか
人の体って 不思議だ 必ず再生能力が働く
人に限らず 全ての命にあるのだろうが・・・・・

誰が 何の為に命を作ったのか
また考えてしまう
厄介な年頃になったな

回答が出たら 感謝と共に その道に進もう
最後の命を燃やして
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
期日前投票に出かけて
2009-08-28-Fri  CATEGORY: 未分類
30日 中学生の芝居の最後の稽古で 時間的に無理と思い 昨日町役場に出かけた
「宣誓書を書いてください」
「????何を宣誓するのですか」
「いいから書いてください」
よくよく聞いてみると 当日これない理由を書いて欲しいとのこと
はじめから そのように伝えてくれれば 何も怒ることは無かったが
非常に高圧的に 宣誓書を書いてくれ・・・
思わず カッとして 何を 誰に 何の為に と矢継ぎ早に質問しても
答えは宣誓書を書きなさい
やり取りに見かねた 中年の係りが紙を持ってきて
「当日 これない理由に○つけて欲しいんです」
はじめから そのように伝えれば 何ももめなくてもすんだのに・・・・
言葉の伝達 そのときの態度 なかなか難しい
ちょっとしたことで 人の気分を変える
変に考えさせる 期日前投票 まあ無事済んできたが
町の役人って あんなに高圧的なのか??? あんなにエリート意識が強いのか????
俺の考えが間違っているのか もっと下手に出て 素直にハイハイと聞けばよかったのか
それとも スポーツの大会のように大きな声で宣誓と 怒鳴ればよかったのか
宣誓の意味は????
日本語って難しいな・・・
それにしても この激しい下痢 今日で3日目
こんなの生まれてはじめ どうかしたのか俺の体
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2009-08-27-Thu  CATEGORY: 未分類
シビレ 頭痛・・・それは時間が解決すること
いずれにしても 友達として仲良くしなさい????
????な回答 Drの言い分として・・・・
まだ退院して2年少しでしょう 見た目の後遺症も残らず 素晴しき回復だ
自己の努力で 克服してゆくのが一番
食は一汁一菜 歩く また同じ話し
俺よりはるかに若い医者だが 年寄り臭い言い方が気に入ってる
江戸時代に戻ることです・・・・
この言 いまだ忘れず胸に残る
富士のしたから 自転車で通勤するDr 
これも気に入ってる一つだ

それでも この回答?????
確かにシビレの範囲は狭くなってきた
ときどき 襲うこの痺れと頭痛
やはり 時との戦いか・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
妙に感傷的になる朝・・・
2009-08-25-Tue  CATEGORY: 未分類
いつもと違う 朝の散歩道
なげなく いつも違うルートを歩いてみた 曇りの空 ながそでのTシャツ
それでもどこか薄ら寒い 
秋だな・・・・早い訪れだなあーと犬に声をかけながら・・・

そこは コスモスの群生地帯 えっ もうコスモスが・・・・
時期的に当たり前なのだろうが 何となく裏寒い中の散歩だけに妙に心うつ
なんの花が好き??と 問われれば コスモスと返事をするが 花が伝える季節の移ろいに
妙な寂しさを感じ 早々に引き上げる

タバコの煙の中に ふと無き母が寂しげに笑ってる
思わず 消えかかるパイプを強くすってみるが
あっという間に消えてしまった

コスモス そういえば母も好きな花だった・・・
妙に感傷的になる朝 変なの・・・・・

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
情けなき日々・・・
2009-08-24-Mon  CATEGORY: 未分類
流されて 流されて・・・・ そんな歌があったな・・・・
今のオイラの日々
目的無し 希望無し 無し無しなしの毎日 情けないやら だらしないやら
もういい年をしてと いつも自問するが なにを????
40にして惑わず かつて名言があったが 四捨五入するともう70 いまだ迷いぱなし

どこかねじを締めなおし 新たな夢を それに向かってまい進する
年齢にあった方法でいいから と 思うが なにを???

答えが出ず・・・・
情けないやら だらしないやら
ふるきになった 哲学書を読みふけっても 応えはなし
流されて 流されて 
このままでは ただ焦るだけ・・・

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
月見草での笑い・・・・
2009-08-23-Sun  CATEGORY: 未分類
裏山沿いを犬との散歩道に 月見草がはき誇っている
去年のことだ・・・あまり綺麗なので数本持ち帰り生けてみた
絵手紙用にとスケッチし しばしコーヒーを片手に眺め出かけたあと
家に帰ると なんと 花がみんなしおれているではないか
水が悪かったのか? やはり 野の草はそのままがいいのか?
悩んで挙句 捨てようと思い・・・・
そのまま バタバタしていて忘れていたら なんと・・・
夜になったら 再び咲き出しているではないか 思わずびっくり・・・・
後で思えば当たり前のこと・・・・思わず苦笑い・・・・
月見草・・・・・マツヨイグサ・・・・宵待ち草・・・・
月見草 本来は違う花だそうだが 本物は見たことが無い
月の光を浴び あの淡い黄色に咲く姿・・・
待てど暮らせど 来ぬ人に・・・・
富士には月見草が良く似合う・・・
様々な言葉が残る・・・・
日本語って良いな  言葉の中に 様々な思いが込められている・・・

思わず 口ずさみながら歩く朝の散歩道
犬は人の顔を見上げ 首を傾ける・・・・
きっと・・・・と 思ったんだろうな・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
時の流れにみをまかせ・・・
2009-08-22-Sat  CATEGORY: 未分類
時の流れに 身をまかせ・・・・
そんな歌があったが 早いもの もう8月も終わりに近づいた

月見草は わずかな明かりの中でも咲き誇り
渡りの鳥は 少し少し姿を消してゆく
今年の秋は早いのかな・・・・

ひまわりは 種を大きく膨らませ
朝の猿達は 民家の屋根をわたり 手には朝食の残りを持っている
夏は無いのか????
今年の秋は はやそうだ

まだまだ山々は 濃い緑に覆われているが
まだまだ 日中の温度は高いが 朝夕の寒さは
日も短くなり 夕景の訪れが早くなってきた
気がつくと えっ こんなに暗くなっているの・・・
今年の秋は早そうだ

吾が友人はスズメバチの退治に 今日は東 明日は西
彼の言葉が 耳に残る
今年の秋は早い・・・・

冬支度をと思うが いつもただ思うだけ
このケツの重さに あきれる
どうせ独り 何とかなるさの 能天気
もう少し 緊迫感を持って生きられないのかな・・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
充実の日
2009-08-21-Fri  CATEGORY: 未分類
午後から晴れの予想なのに 今は雨が激しく振っている
昨日のことだが・・・・・
命の恩人にも当たる 老人ディケアーへ 富士は北麓 長谷川一夫の時間
明るく元気な笑顔が迎えてくれて あっという間の一時間
約束の3時半に間に合うか・・・・
慌てて車に乗り込み 湖の北側にある中学へ
昨年の夏 知り合いの教師に頼まれ稽古を見てあげた子らにつかまり
今年もやるから見てと 半ば強引に約束させられた・・・・
この時期の子は わずか一年でこんなに成長するのか 体だけではなく 物の見方考え方
様々な質問の嵐に 思わずたじたじになる
でも うれしいねぇ 声をかけてくれて 絶対に信頼してくれる
うれしいね すっかり気分はハイ
芝居の内容は別として・・・・
声も 動きもかなり出来ている 三年生 受験を控え 宿題を山と抱えながらの夏休みなのに
思わず がんばる姿に心が打たれる
稽古を見ると 確かに体は疲れるが 心が軽くなる
今のバイト先の 言いようも無いストレスが ポ ポイのポーイ

その夜は良く寝れたこと 久しぶりだ・・・・
トイレにも起きず グッスリ

やはり オイラからこの楽しみは捨てられないんだな・・・・
あの日 短気を起こし 全てやめだーと宣言したのに・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
老犬と朝の散歩で・・・・
2009-08-19-Wed  CATEGORY: 未分類
預かりし 老犬と早朝の散歩で・・・・
小さなひまわりを チョッと失敬
我が家の玄関 北側で日が入らず 非常に暗い せめて花でもと思いチト失敬・・・・
土手でひそかに群をなしている中から・・・・
いつの間にか 月見草(マツヨイグサ)が咲き誇り 曇りの空に淡い黄色を輝かせている
富士には・・・・・と太宰の言葉が浮かび 都忘れと花の名が浮かぶ
関連性は一切無いが・・・・
都忘れ・・・・英語では????
日本語って 美しいな・・・・・・
春遅く咲き 菊に似た薄紫の花の中に・・・・・
なずけられた 一つ一つにロマンを呼び起こす
日本語 日本の言葉 日本の名前 大事にしなくては
吾が娘(中三)も 妙なアクセントで しかも 短く言葉を詰めて・・・・
よく話しをしていて びっくり 本来の意味など話しをするが・・・・

てなことを思いながら 花を失敬するこの矛盾
はずかしや なさけなや
これぞ 独善 身勝手の手本・・・・と 思いながら
玄関の花器に花を生ける(?)
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
Jose Carrerasを聞きながら
2009-08-18-Tue  CATEGORY: 未分類
Jose Carrerasを聞きながら パイプをくわえブログに向かう
昨日 近くの中学生の芝居の稽古に立会い
わが身の衰えと またもやかつぜつの悪さにびっくり
口が思うように廻っていない
しかし あの元気が あの一生懸命さが 新たな刺激を与えてくれる
が・・・・・
つい最近 いつも喫茶店で 同じ常連のお客の話が読みが得える
「同じ感性を持ち人と付き合いなさい 最近 とみに爺臭くなってきたよ 
ついこの前までの輝きはどうしたの・・・・」
今も 胸に残る
子供達との2時間の稽古の充実感 追いかぶさるようにあの言葉・・・

Carrerasは愛の歌を歌ってる・・・

この年でまた悩みだしたのか???
充実感のある生活とは????

目にしみる煙の中 悩む
短気は損気・・・昔の人はうまくいったもんだ
あの時 もう二度とこの仕事はやらないと 啖呵をきって・・・・

パイプの煙に かすむ曇りの空
おれって 何をしたらいいのだろう????
この山里の中で・・・・・

いつも休みに尋ねてくる ある宗教家に聖書の世界に 回答があるのだろうかと尋ねてみたが
納得いく回答が無い

おれって 何をしたらいいのだろう????
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
死ぬまで友達にしろ????
2009-08-16-Sun  CATEGORY: 未分類
時々 左手がしびれ 指先が ひじが痛く たまらなくなる
時々 激しい頭痛が これもたまらない

ただ じっと我慢 長時間ではないが その間全てが止まってしまう
見た目に後遺症が無いので 人はただ 怠惰なやつと見るだけだが
困ったもんだ・・・・

医者に相談すると それは死ぬまで友人と思いなさい????

こんな回答あるのかな?????

でも 助かった命 ありがたく思わねば
ただ 周りの不信感がストレスを呼ぶ
生活もあり わずかな金額でも 働かなくてはと思うが
だめなのかな 社会復帰できないのかな????

夏になると必ず襲う 苦しみだ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
昨夜のこと とはいってもはや日の出が近い
2009-08-09-Sun  CATEGORY: 未分類
後ろのシートからは 大きないびきが・・・
助手席では 難解な言語の会話が・・・・
運転するオイラは 眠気と戦い・・・・・

何ヶ月ぶりかの夜の国際交流????
理解不能な言葉が飛び交い
酔客の歌が飛び交う

横に着いた お嬢さん???
娘に良く似ている
酒を飲まない おいらの肩を 腕を
気持ちよくマッサージしてくれる
なんともいえぬ 至福のとき かなり疲れていたと思われる・・・・

明日の仕事が気がかりだが えーっままよとばかりに 
誘われるままに飛び出したが

犬に散歩をせがまれ 仕方なしにおきだしたが
眠い  眠い
イカン イカン 吾が年を考えろ・・・・

人 太陽の動きにあわせての行動が一番と
最近 気をつけているのに

今朝のコーヒー まずい・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
老人は思い出に浸る
2009-08-08-Sat  CATEGORY: 未分類
久々に朝日 気持ちが良い
コーヒーが なぜか美味く感じられ さわやかな気分になる

昨日 早くバイト先が終わったので 良く顔を出す喫茶店に寄った
何気なく 耳に入る言葉
若者は思い出を語り 老人は思い出に浸る・・・・
カウンターの隣の人の会話だが
耳に残る・・・・
確かに・・・・
普段思い出に浸ってるわけではないが 時々 若かりし時の暮らしを思い出すことが最近ある

年寄り若く見える
まだまだ 俺は若い
そんな自負の中で 日々暮らしていたが
ぐさりと胸打つ言葉だ

老人は未来を語り 若者は過去を語る
老人の未来とは それは死

この言葉も・・・・

負けるか 俺は まだ まだ若いんだ 夢に向かっているのだと
言い聞かせてはみたが 心に刻まれた言葉だ

確かに いつも張っていた情報のアンテナも狭く 短くなり
会話も 妙に宗教的になっている

もっと若い人と接点を持ったら
前のように 若い人に囲まれながら・・・
あの頃は 輝いていたよ

喫茶店主の言葉だ
いつの間にか人嫌いが 激しくなり
今では数人の 同年輩の村人しか話さない

中学生の芝居の稽古 あの躍動感
常に 持たせなくては・・・・

心の奥に刻まれる 午後のひと時でした

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
久々 心騒ぐ
2009-08-07-Fri  CATEGORY: 未分類
心の引き出しに しまったはずの虫が騒ぎ出す
捨てたはずなのに 忘れたはずなのに・・・

よく話しをする中学の先生から 芝居の稽古を見て欲しいと頼まれた

物怖じしない今の子供達
すぐに慣れてくるだろう

部活 家庭 塾 宿題 様々に拘束された時間のなかから
秋の学園祭に向けて 立候補した子供達だ

この地区は夏休みが短い(変わりに冬休みは長いが)
短い稽古時間
初めての子供達がどこまでやれるか・・・・????

昔 この町で子供達とミュージカルを始めたとき・・・
あの悩みを思いだす

久々に心がわき 騒ぎ出す
やはり どこか捨てきれていないのだなぁ・・・
涙 汗 感動
あのカーテンコールを思い出す

この老体に 再び炎をありがとう
湖北にある 中学生の君達!! 先生!!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ヒグラシの鳴く朝
2009-08-06-Thu  CATEGORY: 未分類
曇天 朝 4時半ごろ
トイレに起きた耳に ヒグラシの声が響く
確か 季語では晩夏 初秋のはずだが もうこんなに鳴いているのか・・・・
カナカナカナ あたりの山に響き どこか物悲しさに襲われる
そういえば 夏になれば 夕暮れ 朝 まだ早きとき鳴いているのだが
最近の気候とあわせ 秋の訪れを告げているのかと不安になってしまう
確か 幼き頃 母親の言葉を思い出す
ヒグラシは秋の訪れを告げる蝉だよ と ・・・・

日々の暮らしの中 流され 
こんな山里でも季節の移りに目が行かなくなっているのだと
大いに反省しながら ベッドに戻るが 今度は眠ることが出来ない
枕もとの本を手に・・・・
その動きを察したか 我が家の居候 早速散歩をせがむ・・・・・

この時刻 もうヒグラシは鳴いていない 代わりに名も知れぬ野鳥が大いにハーモニーを聞かせてくれる
時々 鶯が・・・

曇天 今日も昼ぐらいから雨のようだ
室温22度(全ての窓を開け) 長袖のTシャツを着て コーヒーを・・・
そして パイプに・・・
この悪癖 やめねばいかんと常に思うが・・・
吾が人生 ヒグラシのよう いまさらやめても・・・・

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
猿の朝食時に・・・・
2009-08-04-Tue  CATEGORY: 未分類
八月だというのに いつも曇り空 または雨
気温もさほど上がらず 涼しい日々
地球がおかしくなってるのか????
養蜂家の吾が友人 彼は常に自然の中で自然と暮らしているから 良くこの変異がわかるのか
断定して言う 自然がおかしい 地球がおかしい・・・・

とは言え小生 いつもと変わらず早起きおじいさん
「アイ(チワワ♀ 8才」と朝の散歩
ふさふさした毛のなかに 赤いを顔を見せながら 悠然と農作物を食べている
あっちでも こっちでも
せっかく丹精込めて作った とうもろこし・・・
猿の餌か・・・・
ぎりぎりまで近づいても 逃げる様子も見せず 犬と小生を見つめている
吾が愛犬殿 どうもしり込みをしてしまい前に進まないし ほえもしない
都会育ちの犬は????
悠然と山の中に消えてゆく 猿軍団 当たりはカスがいっぱい 
散らかしてゆくな・・・といっても 猿の耳に念仏
農家の人が 敵と思うのが良くわかる
どんなにガードしていても 半ば無駄な努力 
あの執念のような猿の朝食を見習いたい・・・
すぐあきらめ すぐ投げ出す オイラ・・
少し前までは 次の作品をいつも頭に描きながら日々暮らしていたのに
今じゃ 朝飯  何を作ろうか???夕飯は????
ほかに考えることは無いのか と 吾が身をののしっても
ただ 流されての日々・・・
いいのかな こんなことで・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
老人は消え去るのみ・・・?
2009-08-03-Mon  CATEGORY: 未分類
頼まれた 近くの中学生の芝居
テーマは自由・・・・・
でも どうも勝手と自由を履き違えているみたいだ
俺がおかしいのか 今の時代とかなりずれてきているのか
先日 吾が娘と(中三)と電話で話しをしたときも
よく似たテーマの質問があった

離れているからか よく面倒な質問をしてくる
電話代を気にしながらも 丁寧に答えているつもりだが
自由・・・漢字を理解したらわかると思うがな・・・・
今の国語の時間では 言葉の意味・・・ 由来・・・等々 
教えないのかな?????

担当の先生と話しをしてみたが?????
先生自体 
忙しすぎるのかな 今の先生達は
それとも・・・
おいら達の時代は おわりに近づいているのかな・・・

ふと マッカーサーの言葉を思い出す
消え去るのみ・・・・だ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今日も雨・・・・
2009-08-02-Sun  CATEGORY: 未分類
今日も雨・・・・
あのからっと晴れた 夏の日はいつ来るのかな・・・・
山間部か 特に降雨量が多いような気がする 当然雪も・・・
寒い夏は特に冬の暮らしが気になり このトマヤ(今では死語なのか 変換されない)の耐寒対策に・・
でも 思うだけ・・・・・・
結局何もしてない(ズボラ 怠惰 怠け者)
いつも思うだけ・・・・
気がついたら動けよ・・・・
これも思うだけ・・・
預かった犬が 突き破った網戸(去年の話)
いまだに直してない
困ったもんだ・・・・
何もせず ただ本を読み コーヒーを飲んでる暇があればやればいいのに・・・

なにか 大きな刺激があれば変わるのかな????

近くの中学の先生から 芝居の稽古を見て欲しいと依頼があった
テーマは【自由】
本の内容は 自由と言うより 勝手
「勝手」と「自由」 同じ意味なのかな 今の若い人たちは・・・・
先生の話に疑問を持った・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2009/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。