演出家 関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔)のブログ   HP: http://unclejj.web.fc2.com/
演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
葉桜の中に思う
2009-04-30-Thu  CATEGORY: 未分類
詠み人なしのわがブログ いつも妙な気分でこのページを開く
手書きでノートへ書けば・・・と思うが それも面倒
まず漢字をすっかり忘れている
それに わが字の汚さ これまた嫌悪する事柄・・・・・
字の上手い人に出会うと 非常に気恥ずかしく思う

昨日 今日お休み・・・・ゆっくりのんびりと・・・と おもっていたら
昨日 朝7時 海外へ行くので犬を預かって欲しい
オス 14歳のヨークシャーテリア 名前 シンバ
つい 2週間ぐらい前 メスのチワワが帰ったと思ったら・・・
ここは 宅犬場か????
預ける側は 一様に独り暮らしだから 友達代わりに良いだろう???

その後 来客が続き 疲れた・・・
ホッとしたのは夜の10時

葉桜の湖畔 このシンバ殿を連れてお散歩
今日は11時から病院 検査の結果を聞きに行く
これも 気になる

葉桜の中に 八重の桜が浮いた色を見せるが
ただ 黙々と河畔の散歩
半分面倒だが 仕方が無いか 約一月の同居犬

ただ黙々と 湖畔の散歩

一口に「緑」というが 様々な色があるのだな
なんと表現したらと・・・
ただ黙々と 湖畔の散歩

シンバ殿は これまた マイペース
今日で4月は終わり 明日から皐月

時の流れは わが思いに一切関係なく ただ黙々と進む
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 哀れなるかな 命
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ されば 思いっきり能天気に生きよ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ これ わが思い
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今朝は寒い
2009-04-27-Mon  CATEGORY: 未分類
早起きおじいさんには この朝の寒さは応えるね
ストーブをつけ コーヒーを入れて
と 言っても 今じゃ 電源を入れるだけ
後はコーヒーメーカーが 勝手にやってくれる
ズボラになったもんだ
紅茶もそうだ あれほどこだわって入れていたのが・・・・
ズボラ 手抜き 自堕落 等々 日本語は様々な表現があるが
単純にズボラになっただけ

かって 相方にこだわりのお茶 コーヒーを入れることから 一日が始まったのに・・・・
どんな入れ方のコーヒーでも 良い
新聞を読み 窓を開け 朝の冷たい空気を室内に入れ
パイプに火をつける

こんなおっさんも 良しにしなくては

あんなに人見知り 人嫌いだった自分が 妙に人恋しくなる
外に出ると やたらおしゃべり
信じられない 自分を発見
この手抜きの毎日が こんな自分を作り出しているのか
そとから 自分を眺めている 寒い朝だ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2009-04-26-Sun  CATEGORY: 未分類
洗濯機のまわる音が聞こえている
晴れだ・・・
昨日の寒い雨  バイト先から帰り 妙に感じ入る
寒い雨も 草木には喜びなのか いつの間にかかなり伸びてきた
ツクシがいっぱい生えているなぁ・・・・・・
フキノトウがあんなにあったんだ・・・・
それが今では あの厄介なスギナと変わり庭を埋めているし
ふきとなり 葉を付け出している
時は必ずめぐり 全てを過去えへと流してゆく

今年 誕生日を迎えれば 最早老人の世界だ
残された世界 残された時間 明日へと生きねばと思い
妙に焦る・・・・
と思いながらでも  灯油買っておいたほうが良いか・・・・
洗剤も・・・・
妙に世事の事に 頭が行く

人として達人 極めの世界 どうしたら到達できるのか
こまった 年寄りになってしまう
負けるな 気持ちの若さで勝負だ・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
冷たい雨に 感謝
2009-04-25-Sat  CATEGORY: 未分類
激しい雨だ
屋根を打つ音で 目を覚まし 昨日コンビニで買った
「イエスの謎」を夢中で読む
気がつくと コーヒーも冷め かなり ハマって居るようだ
カトリックの学校で育ち どこかに 教えがマインドコントロールされているのか・・・・・
あの頃 ラグビーに夢中になりながら 賛美の歌を歌い
朝の礼拝を済ませて 教室に・・・・

宗教って何だろう?????

電話だ!!!
美味しいそばをゆでたから食べにおいでよ・・・・・
いつも バイトへ出かける行きと帰りによる近所の喫茶店

ありがたいものです
この感謝の気持ちが 宗教なのかな????
独り暮らしの 私を気にしてくれている
飯食ったか・・・・
山菜の天ぷら 食べるか・・・・

人の好意で 日々暮らしている私
冷たい雨が この身を引き締めるように打つ
まずは 感謝 全てに感謝
あ り が と う・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
心地よい疲れ・・・
2009-04-24-Fri  CATEGORY: 未分類
久々に お年寄りのディケーセンターへ
着流し姿で 歌い演じ踊るは かの名曲集
昔の歌は 詩に情景が浮かんでくる
それが たとえばまた旅物でも 映画のシーンのように浮かんでくる

今の歌は 若い人はどんな気持ちで 歌い聞いているのだろう
疑問が湧いてきた????

年のせいかな 時代のギャップかな・・・・・

笑い 歌う声にこちらが励まされ
和やかな交流

とても充実した一日だった・・・・

疲れた・・・・・

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
わがブログ
2009-04-22-Wed  CATEGORY: 未分類
あまり親しくない人から 声をかけられた
ブログ 読んでるよ・・・・・

まさか オイラのブログを 読む人が 近場にいたなんて
うれしいような・・・・・
気恥ずかしいような・・・・・・・
妙な気分・・・・・

下手な文章 書けないじゃないか
せめて もう少しでも文才があれば
にこやかに 返事を返せたのに
駄文のこのブログ 恥ずかしい
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
花 散るときよし 人は??
2009-04-20-Mon  CATEGORY: 未分類
桜は散るときが良い
柔らかな若葉が 限りなく白になった花の中に 目立つようになり
あたりを花びらで埋める
水の中に流れる花びらは 更によし

我が家の桃の花は 満開を過ぎ 
その隣の家では 鯉のぼりが泳いでいる
山桜が 緑がやや濃くなってきている山肌に目立ち
富士桜が その中に薄紅の幕を張っている
そんな中に 鯉のぼり

この地の 春は一同に来る
クロッカス 水仙 タンポポ すみれ
皆一堂に咲き
ミツバツツジが鮮やかに 春を謳歌している

オイラの春は????
これ 人の常 時の流れに 逆らうことは出来ず
日々 落日に向かうが
ありがたいもの その中にも新たな元気を与えてくれる
毎日の 知的障害者との出会いが 楽しみになってきた
なんとか コミュニケーションが取れぬものかと
心に思うが なかなか難しい
でも 助かった命
少しでも 人のためと心に決め 今 働いてみる
なんでも人任せだった 自分を深く反省しながら・・・・

今日は早番だ
帰るとぐったり 何もする気がなくなるが
それも心地よし
ただ せめて今日一日の会話が出来る伴侶が居ればと
どこか人恋しくなる 昨今だ

われ 死するときも 花のごとく  潔く行きたいものだ・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
嫌な朝
2009-04-13-Mon  CATEGORY: 未分類
昨夜 珍しく12時近くまで起きていた
友人が 鬼カサゴを釣ったから 食べにおいでの招待で・・・

せめて7時ごろまで寝ようと思ったが
起きたのは5時・・・
なさけない どんなに遅く寝ようが 起きるのはいつも決まって早い
今日の仕事を考えると  体の疲れが気になり再びベッドにもぐりこむが
だめだ・・・
ゴミを捨て コーヒーを入れて・・・・
そろそろ7時だ また無為な数時間を過ごしてしまった
最近おかしい 少し前だったら
この無駄な時間を惜しんで 何かをしていたのに
寄る年かな・・・・・ 
独り暮らしの だらしなさかな・・・

ちぇっ 嫌な朝だぜ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
桃花 満開
2009-04-12-Sun  CATEGORY: 未分類
一番下の娘が生まれたときに 植えた桃の木
今じゃ 中学三年生
大きく枝を広げ 其の梢の隅々まで 桃色に染まっている
我が庵の前の 社の桜も満開
遅い春のようだが
確実に 時の移ろいを告げている

別れて暮らし かなり久しくなるが 時々電話がある
今の学校 緊張感が無い・・・・・・
もっとやりたいことがるのに・・・・
高校は別のところを受ける・・・・・
どうしても海外で暮らしたい・・・・
ショービジネスの勉強したい・・・・
???????

出藍の誉れになるのか???
何もしてやれない 父親としては複雑

一方 孫は 小学校三年生
日本の神話に対する興味が尽きないらしい

双方の言葉
これ 血哉
ぐうたら親父の血が どこかに流れているのか????

桃の花を眺めながら
妙に感じ入る だめ親父

こんなテーマの漫画あったな
まさか自分が・・・・・

口の中に広がる 今朝のコーヒー
妙に苦い・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
たまには書こう わがブログ
2009-04-11-Sat  CATEGORY: 未分類
コブシの咲き誇る その奥には 白き富士
桜花に囲まれ遊ぶ 学童のざわめきが
はるか通り過ぎた わずかな思い出の幼き日々を よみがえらせる

やっと咲き出した 桜
桃の花
足元には 水仙

この地の春は遅い 
故に
全ての花が一同に 咲くようだ
もはや 人恋しさの 思いも無く
通り過ぎた 日々を思いやる
その裏では これからの草刈のわずらわしさが
脳裏を走る
庭先を眺め マグカップを持つ手に 刈払機の振動が思い出させる
ちぇっ 面倒くさいな・・・・
いずれは 朽ち果て 消え去る わが身
ふと 方丈記の冒頭を思い出し 口に出してみる
馬鹿だね   日本人の無常観に納得し
この国の宗教のあり方に ふと疑問を抱く
自然 悠久たる自然の中
やはり神とは????

残りし コーヒーを飲み干し
洗濯物を干しだす
ちぇっ  現実 嫌になるね まったく



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2009/04 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。