演出家 関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔)のブログ   HP: http://unclejj.web.fc2.com/
演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
亥の年の幕 明日下りる
2007-12-30-Sun  CATEGORY: 未分類
まさに 光陰矢の如し
新年の誓いを立てたのが 昨日のようだ
再び 守りもしない 誓いを立てるのだろう きっと
それにしても寒い 外はすでに 零下6度
電気毛布のスイッチを要れる

あすから しばらく家出だ
何年ぶりかな 他の地で正月を迎えるのは
スタンバイ OK 後は車に積むだけ
明日 朝 水道を抜いて 凍らないようにしなくては

昨夜 と云うより朝までだが
今年最後の国際交流に出かける
確か この前の朝帰りも 同じ今年 最後だったはずなのに
浮かれ町で コーヒー お茶 水
マイク片手に 水
友は うら若き女性片手に 酒
なんだろう この情景は

まっ それも今年でおしまい
来年は オイラが 女性片手に 酒 酒 酒 (鬼が笑う)
きっと体調は さらに良くなるだろう???
その時は・・・・・飲むぞーーーー

中1の娘が 今か 今かと 待っている
話したいこと 見せたいものが いっぱいあるそうだ
明日が楽しみだ
明日は日中でも 零下だ
これから 長い長い 零下の世界が続くぞーーー

それにしても 来年は  大きく変動しそうだ
楽しみな年になりそうだな
この暮れの月から そんな予兆がかなりある
面白そうだ・・・・
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
避寒だ!!
2007-12-28-Fri  CATEGORY: 未分類
激しい雨
雪かと 思っていたのに 激しく雨が降っている
おかしい 『偽』の年を洗い流し
新たな年を迎えるための 雨なのか

いずれにしても 明日から しばらく この寒冷地を離れる
寒さで 体が妙に疲れるからだ
だめだ 無性に眠たい

書かなくてはいけないものが たくさんあるのに
この時間になると 
上のまぶたと 下のまぶたが
愛を求め始める
だめだ 眠たい







ページトップへ  トラックバック0 コメント0
月光 寒気を貫き なお 寒さを運ぶ
2007-12-24-Mon  CATEGORY: 未分類
わずかに紗がかかり
大きく 黄色の輪を見せている
残雪 驚くほど銀色に輝き
山々の峰 黒く映える
望月の候
冬の満月は さらに見事なり

寒気貫く 銀の光浴び
辺りをながむれば
木々の間に間の 
魑魅魍魎の世界
今宵はなく 
残雪を受けし 社の鈴
明かりもないのに 鈍く光っている

タカオカミノカミ クラオカミノカミを祭りし この社
詣でる人もないのか 雪に足跡さえ残っていない
いまや 氷となりし参道を 踏みしめれば
その音 木々に響き 柏でも小さく
帰りを報告する

本当は由緒あり 縁結びの社なれど
誰も気づかず 誰も知ろうとはせず
わずか 気まぐれに詣でる 里人のみ

望月 寒気を貫き 夜の世界に 息吹を与え
ツキヨミノカミは 舞歌を詠い
辺りに伝えるが
いまや
ジングルベルはあれど 神気を知るひともなし

ツキヨミノカミよ 高らかに詠 舞わん
吾 共に舞おうぞ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
腰 背中が痛い
2007-12-23-Sun  CATEGORY: 未分類
20cm以上積もっていた雪
車は雪の山
霙に変わり 雪が重たい
それでも 歩けないから 雪かきだ
少しやったら フーッ 少しかいたらフーッ
体力ないね まったく

昼からは太陽が出て
道はすっかり融けているが こんな日は夜が怖い
道路は スケートリンクに変わる
でも 比較的暖かいので安心・・

どんな誘いがあっても 今夜は出ないぞ
たとえ 浮かれ町に 呼び出されても
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
雪だ!!
2007-12-22-Sat  CATEGORY: 未分類
おかしなもので 幾つになっても
雪が降ってるときは なぜか心弾む
朝の雪かき・・・あのつらさをすっかり忘れ
寒いのに 窓を開け雪の降り積もるのを見ている
いただいた 韓国のワインを飲みながら
キムチをつまみながら
ブルークリスマスを歌う・・・
変なの・・・・

今日は やたら電話の多い日だった
でも
今は静か
深深と 雪は降る
もう5cmは積もっている

雪よ
辺りを覆いつくせ
真っ白に あまりにも 醜い知らせが多い世の中を
真っ白に覆いつくせ

雪見酒だ
もう いっぱい
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
明日は雪のようだ
2007-12-21-Fri  CATEGORY: 未分類
天気予報によると 曇りのち雪
早いのか 遅いのか 良くわからないが
雪の日は 暖かいから良い

毎朝 零下の世界で 目が覚める
電気毛布が 離せなくなっていた
灯油は上がり プロパンガスは上がり
ガソリンは上がり
あがらないのは オイラのテンション

宿題がたまっているのに 一向に筆がすすまない

クリスマスカードに シクラメンの絵を添えて 出した
クリスマスのデコレーション
今は ない
昔 昔 まだ家族が有った頃 毎年楽しみ植えた  名残のモミの木が
ただ 北風を受けて ゆれている
 
いつもの喫茶店で・・・
今年もブルークリスマスと話をしたら
やはり常連のおば様
今年も歌うのよ 私はシングル ベルを????
今では 一人で過ごすクリスマスソングは
シングルベルと 言うそうだ????

俺も歌おう 大きな声で
シングルベル シングルベル 鈴が・・・・




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
エヘヘ 美味しい!!
2007-12-19-Wed  CATEGORY: 未分類
お米をいただいた
武川米の新米だ
ご自分で作ったお米を 分けてくださった
うまい 米って こんなに美味しいんだ

最近になって やっとお米を食べるようになってきた
入院する前は ほとんど 外食か パンか パスタ
米を研ぐのが 面倒くさく
あまったご飯の処理が 面倒くさく
ラップでくるんで冷凍 あぁ 面倒くさい

100均で売ってる パックをもらった
確かに 面倒くさくはないが・・・
退院後 お米を食べるようになったが
せいぜい お茶碗一杯

うまい お米ってこんなに美味しいんだ
白く輝く 米粒
適当に粘りがあり 甘い

うまい お米ってこんなにうまいんだ
武川米
山梨県に美味しいお米があるなんて 知らなかった

気がついたら お変わりしてる
二杯目を 食べているのだ

ありがとう こんな美味しいお米を下さった
素敵な ご夫妻
この二人を見てると
夫婦って こんなにすばらしいものだと いつも心打つ

一人で ご飯を食べる オイラ
お米って こんなに美味しいんだ
二人で食べたら
家族で食べたら
もっと もっと 美味しいんだろうな

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
朝焼けの南アルプス
2007-12-17-Mon  CATEGORY: 未分類
紅く染まる白峰
際立つ 甲斐駒ヶ岳
少し離れて 地蔵岳
邪魔な雲もなく くっきりと 紅く浮かび上がっている

朝早い御坂道
トンネルを抜けると 突然 目を射る
最近 こんなに早く 出かけることがないので
思わず見とれる

明野市へ 初めてのところに出かけるのだ
角川映画のエキストラを やむにやまれぬ事情から頼まれ
早朝ドライブ といっても もう7時
道は 氷 気をつけないと ハンドルをとられるが
お構いなしに 前方の 南アルプスに 心奪われ
CDに合わせ 鼻歌交じり

それにしても 寒い夜だった
電気毛布を 引っ張り出し
やっと安眠 と 思ったら
ベルが鳴る ベルが鳴る
かじかむ手で入れたコーヒーを飲みながら
断りの電話を と 一瞬思ったが
フロントガラスの氷を落としながら
やはり 断りの電話と 思ったが

この朝焼け これだけで 満足
すばらしい 景観だ
映画の内容も知らず 喪服をとそれだけで 出かける
ままよーーー
こんな絶景を 
早起きは 3文の得 とはこのことか
それにしても 譲り受けた この軽4輪 よく走る
ありがたいことだ 友に感謝!! 感謝!!


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
足るを知らず
2007-12-15-Sat  CATEGORY: 未分類
裸木に必死にしがみつく わずかな残り葉
山肌はすっかり 変わり 落ち葉の下に 岩肌を見せ
すべてが 極寒を待つ準備に入っている

うっすらとかく汗を 手でぬぐいながら ひたすら 歩くが
思うは あれが欲しい これが欲しいと 欲望ばかり
確かに これからの寒さをしのぐには
必要な物ばかりかもしれないが
去年の冬も なんだかんだと言って 無事すぎていったではないか

我慢という言葉を知らないのか

人に対してもそうだ ああして欲しい こうして欲しい
願いばかりだ
感謝の気持ちが 先にたてば そんな気持ちは 起きないはずなのに

ああ 吾 いまだ 足るを知らず

夜 弦月の光の中
再び 反省に襲われる

感謝の気持ちで すべてに接することができたら
今 こうして 命があり 日々暮らしてゆけることを
もっと もっと 感じるべきだ

ああ 吾 いまだ 足るを知らず

あの細い光でも 辺りは明るくなる
暗黒の闇の中 マッチ一本の明るさが どんなに明るいか
心の底から 明るい光をだし 己が姿を照らし出せ

わが 精神 もっと 修行が必要
時の移ろいの中 もっと 目を磨け 心を磨け
せっかくの環境に感謝しろ

ああ 吾 いまだ足るを知らず 情けない!!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
???の話しが連続だ
2007-12-13-Thu  CATEGORY: 未分類
昨日 ある町で・・・
郷土の歴史の話を聞いてきた 面白い 物語の宝庫だ
テーマを決め 作品を作ったら かなりの面白い物が出来そうだ
どんな 町でも 必ず 何かが残されているはずだが 時代と共に 住民の意識と共に
消えていってしまうのが 普通だが この町には とても大事に残されている
とは云っても 少し少し消えて云ってるのが現実
未来を担う 子供達がもっと関心を持ち 大事に育てて行ったら・・・・
と 思いながらの帰り道  電話
路肩で聞くと 今日訪ねたところが 角映画の撮影現場になる 出演してもらえないか???
良くわからんけど 面白い話し たぶん 何かの間違いだろうが
サトエリ主演の映画で 葬儀と結婚式の親族役で????
エキストラでの頼みだろうが いろいろ病後の俺を気遣ってくれる友人の頼み
快く受けるか
その町で 町が残す文化の一つとして ミュージカルをやりましょうと演説して帰ったばかりなのに・・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
入相の鐘
2007-12-08-Sat  CATEGORY: 未分類
『大雪』も過ぎた 本格的な冬に入るぞ・・・・

玄関には 来年のカレンダーが置いてある
他の郵便物と一緒に 町民に配っている 富士山のカレンダー
早い物だ もう年末
今年は 特に早く感じる

入院 退院 リハリビ
アッと云う間に 今年も最後の月

今年こそは 今年こそはと 毎年誓いを立てるが
結局 何もせず 時が過ぎていく

人生 入相の時を迎えているのだ
来年こそは・・・・
せっかく 拾った命だ 目標を立てなくては・・・

近くのお寺から 鐘の音が聞こえてくる
もう日が落ち 逢魔が時
迷わず 悩まず 素直に生きろ! 感謝の気持ちを持ちながら
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
クリスマスを前に
2007-12-06-Thu  CATEGORY: 未分類
昼から 聖書を携えて エホバの方が・・・
今では 友人のひとりと呼べるほどの中になり
小理屈ばかり並べる 私の話に 真剣に答えてくれる
カトリックの学校で育ったせいか どこか引っかかる
同じ聖書なのに 

信仰心なんて とんと持ち合わせて無いのだが
ただ 西洋の文化の根底にあるのは キリスト教のなんなんだ??
そんな疑問を持ったときに 彼に出会い
いまでは 毎週 話し合う時間を作って貰ってる
いつも話しが とんでもない方に飛んでしまい 彼は困惑な表情を浮かべるが 丁寧に解答を聖書の中から見つけてくれる
今日も ダニエルの預言から いつの間にか 命の問題になり
人の神との約束 神の人との約束と話は変わり
今は? この現在は? 何が必要なのかと 話が変わってゆく

心の中で いつも彼に謝るのだ こんなアホなおっさんと巡り会ったのが 気の毒に・・・・

餓鬼の頃 宗教の時間になると 神父様にいろいろ質問して
困らせたことを思い出しながらの 楽しいひと時だ
彼にいろいろな疑問をぶつけるために 
図書館に通い ネットで調べ 本を買い 自分なりの解答を作り出し
彼を待つ 
無為な時間をもてあましていた私に 再び絵画 音楽 文学と興味を持たせてくれたのだ 
ありがたいことです こんなぐうたらオヤジのネジを巻いてくれて

別れた妻と 子供から パパの生き様を本に残して 私のパパだと
心に残せるように 冬ごもりの間 書いて 絶対にね
それから また 歌も作って・・・コンサートでの持ち歌にするから 

そんな電話が朝あった 退院後の心配が『本』という形に変え 励ましてくれているのだなと思うと 涙は出てくるし・・・・ 
待てよ 死に向かってのテンポが 早くなってきたと まわりは感じだしたか・・・・
フトそんな気がした時だ 彼が訪ねてきたのは
だからよけい彼に対する質問は 『命』が中心となり 長話になってしまい 気の毒なことをさせてしまった

逢魔の時 いつの喫茶店へ
大きく飾られたクリスマスツリーのイルミネーションを見つめながら
今年のプレゼントは パパの絵と シノップスだな と・・・・
珈琲と 美味しいバナナチョコフレークを頼む
そう言えば ここのバナチョコフレークを頼むときは いつも 
心のネジが 妙に撒かれたときだ・・・・

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
刻々変わる湖畔
2007-12-05-Wed  CATEGORY: 未分類
またまた朝帰り
ネオンのない浮かれ街で 国際交流・・・好きだね 我が友は???
車を置いて タクシーで
酒が少し飲める 良いねぇ  酒が飲めるようになって
マイク片手に カムサンハムニダ

昼寝をタップリ 散歩に出かける

葉っぱはすでに無く 枯れ枝が冬の準備に入り
わずかの葉っぱも 必死にしがみついてはいるが
風に 運ばれ 湖面にと舞い落ちる
山並みの木々 葉が無くなり 空を透かし
まさに 西日は 沈まんとしている
急激に変わる 湖畔の散歩道
落ち葉の絨毯も 今じゃ 風に運ばれ
風だまりに山となり 足下にじゃれつく 葉も無し

ダンスの先生に 散歩の時も
姿勢に気をつけて 足の内側に神経を・・・・
その言葉を 頭の中で反芻しながら 歩いていく
約 2時間 これが限度
汗はうっすらとかくが 今じゃ人も通らぬ 薄暗い隧道では
風が 針となり 我が身を刺し 耳が痛む
明日からは 帽子を変えよう 耳まで覆われる 冬用のキャップに

早足で リハリビのお姉さん ダンスの先生の言葉を反復しながら
姿勢をキープしながら歩く

まだ現役の頃
よく 客席から ダンサー達に怒鳴ったもんだ
姿勢が悪い・・・・

同じ事を今言われてる
全て注意を受けるのは 客席でダンサー アクター達に
言ってたこと
なんて 身の程知らずの演出家だったんだろう
言うは安き 行うは難し
苦笑いをしながら 散歩は続く

陽はすでに 西方に沈み 山並みと 雲を
茜に染めている

明日も寒そうだな こんなに晴れていると
姿勢に気をつけて 歩け歩け
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
えらいことだ!!
2007-12-02-Sun  CATEGORY: 未分類
昨日のダンスパーティで 気がついた
鏡に映る 我が姿 
なんと 腹が出てるじゃないか
わずかだが 腹が出てきた
そう言えば ベルトの位置も入院する前に戻っている

エライコッチャ 最悪だ
運動量の割に 沢山食べている
それに 酒が飲めないとなると
不思議に甘い物に手を出す

チョコレートを毎日 珈琲を飲みながら
自分で こんな物買ったことがなかったのに
今では 平気で買っている
だめだ 元に戻さねば
毎日の散歩だけでは 運動量が足りないのだ

いじましいのか 食い意地がはってるのか
気をつけなくては チョコレート 駄菓子 もう止めだ
煙草を止めたせいか 口に入れる物が欲しくなる

これじゃ Dandy JJも 形無しだ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2007/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 演出家 uncle JJ:関根 久仁生(関根 純平、播磨 恭輔) 演出日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。